ここは、プリキュア専門の百合小説書き・猫塚鶉の避難先です。
2018111.jpg (←クリックで大きく)

初代、なかよし本誌に帰還。
「ふたりはプリキュア」のふたりが ――― とアオリ文にはありますが、
なぎさ・ほのかが出る以上、当然のように二人の娘・ひかりも登場します。
ちなみに第二子はまだのようです。

MH最終話が掲載されたのが2006年2月号(発売日は2005年12月28日)
2018116.jpg (←クリックで大きく)

あれから随分と月日が流れました。なかよしの値段も450円から580円に大きくUPしました。


2018112.jpg (←クリックで大きく)

翌日の試合の誘いに、あっさりとオーケーを出す野乃はな。
えっ、もしかして家、近いの……?

もし、はなが「あした、クライアス社にカチコミかけるんだけど…」って誘ったら、
初代組の三人さん、普通にピクニック感覚でついてきてくれるんじゃないか?

それよりルールー、「ポンポン、ポンポン!!」って……。
……ああ、そうか。
えみるのチア姿が可愛すぎて、ルールーの言語機能に一時的なトラブルが発生してるんだろうな。
ナナメからチョップして直さないと。

2018113.jpg (←クリックで大きく)

ベローネのエース、勇ましく出陣。
今回はなぎほのひかだけではなく、シホリーナも出してくださっておるのね。

はなたちの応援に最高のプレイで応えようとする美墨なぎさと、
なぎさたちに最高の応援を送りたいと懸命になる野乃はな。
しかし、二人の熱い気持ちが上手く噛み合わず、ベローネ学院はピンチに ――― 。

ここで、ほのかが正妻の貫禄を発動!

2018114.jpg (←クリックで大きく)

2018115.jpg (←クリックで大きく)

ベローネ一の知将こと雪城ほのかは、
いかにして、この窮地を乗り越えたのか?
さあ、シンキングタイム。制限時間は1分です。

考え終わった人は、
今月のなかよしを買ってきて、答え合わせをしてみよう!
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://precure2004.blog.fc2.com/tb.php/74-ec23f905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: