ここは、プリキュア専門の百合小説書き・猫塚鶉の避難先です。
自分にとって、人間ドックの中で最大の難関がこれ、腹部エコー。メチャくすぐったいです。

前回は
「絶対腹部エコーなんかに負けたりしない(キリッ) → 数秒後「腹部エコーには勝てなかったよ」
いやね、もうジェル塗られる時点でダメでしたわ。
そのあとは、くすぐり地獄の始まりでしたわ。

今回は、対策立ててみた。
……と言っても、ぐだぐだ脳みそは使いません。正面突破あるのみです。

そこそこ腹筋にチカラをこめながら、とにかくくすぐったさに耐える。

「息を吸え」「息をとめろ」の指示の時は
普通に腹筋にチカラを入れて踏ん張れるから、多少は楽。

チカラを緩めてくれと言われたら、素直に従いはするけれど、
完全に緩めたりはしません。微妙にチカラを入れたまま、腹筋アイドリング状態で待機。

エコー検査中に看護師さんが一時休憩的に言う「では楽にしてくださーい」は、孔明の罠。
腹筋アイドリング状態を一瞬でも解除すれば、一気に心の構えが崩れてしまいます。
チカラ抜きましたよぉ…ってフリだけする。

肋骨の辺りに触れられるのと、下腹部に来た場合が微妙にキツかったです。
予想外のこそばゆさというか……。
でも今回はなんとかなった。マッスル。

あと、心電図撮ったあとの、バラバラって外すアレもくすぐったい。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://precure2004.blog.fc2.com/tb.php/20-7cf90870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: