ここは、プリキュア専門の百合小説書き・猫塚鶉の避難先です。
サイトへのご案内
「猫塚鶉屋」にて活動中
活動内容は、プリキュアの百合小説(18禁含む)
また、日記にプリキュアの感想らしきナニカベツノモノを書いています。
本編に行く前に軽く宣伝。

キラキラ☆プリキュアアラモード第1巻発売ちゅっ☆なのです。
今回も特装版と通常版があるですよー。
両者の違いは小冊子の有無、表紙カバー(と、その裏)、帯、そして折り込みピンナップの絵柄。
収録されている漫画は、特装版と通常版、共に同じです。

どちらか一冊しか買わないよーという人には、もちろん特装版がお勧め。
(ちなみに特装版の『とらのあな』の店舗特典は、通常版の折り込みピンナップのイラストカードなのです。
しかし、あきらからゆかりへの「あ-ん」を堪能するには少し絵が小さいのが難点)

今回の小冊子は、薄いながらも古参の上北版プリキュアファンにとっては漫画一冊分の価値があるシロモノ。

201794.jpg (←クリックで大きく)

A液B液C液……
本当に懐かしいネタです(笑)

201795.jpg (←クリックで大きく)

S☆S組はもちろん満・薫も一緒。それどころか、みのりちゃん……
つか、あの設定は、まだ生きているのか……


小冊子のラストページを飾るのは、キュアカップル大集合(笑)
皆さんは何組のカップルを見つけられましたか?
きらトワに関しては、小さくて難易度が高いと思うので、拡大した物を置いておきます。
(はるか・みなみから離れて、ハートキャッチ組の後ろでくっついてる二人)

201796.jpg (←クリックで少し大きく)

201797.jpg (←クリックで少し大きく)
「グハッ」の人もいます。

第1巻収録の書き下ろし漫画は、ゆかり×あきら。
ノワールに仕える恥女・ソルティに奪われた王子様のため、心を決めたゆかりは ――― 。
「愛」の持つ執着という面を、ゆかり・ソルティという別々の方向から描き出します。


で、
なかよし9月号の第7話。
ここからは第2巻に収録のお話となります。

201791.jpg (←クリックで大きく)

大切な仲間が、自分たち以外の別の何かに心を奪われている……というのは面白くありません。
なので、男子たちが叛乱を起こします。

201792.jpg (←クリックで大きく)

キラパティの元気隊長・立神あおいに迫るバンド解散のリミット、
そんな時、シエルの言葉があおいの胸に ―――

201793.jpg (←クリックで大きく)

今回のシリーズはスイーツがテーマなので、
それが、あおいの気持ちを伝えるツールになります。

はたして、あおいはどのようなスイーツでバンドのメンバーを餌付けするのか?(しません)
続きは、今月のなかよしで。
順当に勢力を拡大していくキラパティ組。

小さくコソコソ営業しているうちは目こぼししてもらえてましたが、
ここまで大きくなってくると、他の店のシノギにも影響が出てくるため、スイーツ業界としても無視できません。

201781.jpg (←クリックで大きく)

当然、キラパティ組に刺客が送られるワケですが、
まさか、弱冠13歳でパリのシマを任されていたキラ星シエル、
あの実力No.1の武闘派パティシエが、カチコミをかけてくるとは……。

キラパティ組の店長・宇佐美いちかは、
このまま抗争の引き金を引くよりは、素直に傘下に入るほうが賢いと判断。
「あなたの舎弟にしてください」と、シエルに頼みます。

201782.jpg (←クリックで大きく)

201783.jpg (←クリックで大きく)

しかし、シエルの返事はあっさりとNO。
帰ろうとした時、店を訪れていた男の子の言葉が耳に入りました。
「虹を食べたい」
・・・・・・ああ、なるほど、虹ってLGBTのシンボルマークでもあるレインボーフラッグのことか。

キラパティ組の構成員は、全員女子です。
どうぞ最上級の百合をお召し上がりくださいませ。

201784.jpg (←クリックで大きく)

とゆーワケで、「虹を作るぜ」な感じの二人。
…で、カップリングは?
オートドックスに、イケメン王子とゆかり?
それとも早速いちかとシエルの組み合わせで攻めてみるか?


果たして、完成する『虹』は如何(いか)に?
……そして、男の子は見事、百合男子に目覚める事ができるのか?

すべての答えは、今月のなかよしにある。
今月のメインは、いちかとイケメン王子。
小ゴマでは、ゆか×あき夫婦劇場やってます。

いちご坂商店街の七夕祭り。
キラパティでは、皆からリクエストが一番多かったスイーツを作るという企画をやります。

201771.jpg (←クリックで大きく)

旦那の汗を拭いてやる本妻。

ん、いちかの様子が……?

201772.jpg (←クリックで大きく)

方針転換。
一番リクエストの多かったスイーツではなく、リクエストされた全てのスイーツを作るというコトに。
くっ…、こんな事なら『ゆかり&あきらの女体バニラクリームサンド』をリクエストしとくんだったぜ……。

当然、リクエストされた全てのスイーツを作るには材料が足りないので、
通り雨の中、いちかとイケメン王子が買い出しに出発します。

201773.jpg (←クリックで大きく)

少女とイケメンが相合傘(♀♀)
傘を一本しか渡さないゆかりさんに、計画的な何かを感じてしまうのだ。

「ぬれてない?」

(いちかの体が)雨で濡れていないか、という意味です。
もう一度書きます。
雨で濡れていないか、という意味です。

201774.jpg (←クリックで大きく)

旦那を信じて、どっしり構える本妻。

一方、いちかとイケメン王子は、二人きりで雨宿り。
胸に中にモヤモヤした気持ちを抱え込んでいたいちかは……。

ここからの展開は期待できる!と思った百合好きのみんなは、
今月号のなかよしを買って、続きをチェックするペコーーっ!!

……来月はペコリンの出番あるペコ?
今回のメインキャストは、イケメン王子。
子育てに初挑戦です。

2017611.jpg (←クリックで大きく)

2017622.jpg (←クリックで大きく)

「猫の扱い方がよく分からない」と言う王子に対する、ゆかりさんの視線。
……おや? 少し不満そうな感じです。

2017633.jpg (←クリックで大きく)

嫁の指導のもと、イケメン王子から、イクメン王子にジョブチェンジ中。

2017644.jpg (←クリックで大きく)

ゆかり「フフッ、知ってるわ」
あきら「…いや、今のは、ゆかりに言ったんじゃくて」


……と、その時、窓の外から猫の鳴き声が。
もしかして、お母さん猫でしょうか?

2017655.jpg

あ、違いました。
通りすがりのニャン原先生でした。ほっときましょう。


キュアショコラと子猫の間で育まれていく、温かな感情。
しかし、運命とは残酷なもの。
猫にとって、チョコは致命的な毒物。
チョコ系プリキュアのキュアショコラとは、共に生きられません。
イケメン王子は、この悲しい運命をどう乗り越えていくのか?

ゆかりさんとの進展にも期待しつつ、今月のなかよしで結末を見届けよ!!
第2話。
いちかの恋の相手は、イケメン王子。
しかし、いちかの前に、琴爪ゆかりという強大な壁が立ち塞がる。

201741.jpg (←クリックで大きく)

ちょっ…、ゆかりさんを見るイケメン王子の目線! 目線!

201742.jpg (←クリックで大きく)

201743.jpg (←クリックで大きく)

ゆかりさん、なぜかラスボス並みの貫禄を漂わせています。
そして、匂わせる裏ボスの存在……!
ゆかりさんよりも何十倍もステキって、なんですか、その存在…、
そんな者がいるとすれば、そやつはまさに恋愛界のシン・ゴジラです。

いちかに今必要なのは、敵(かな)わぬと知りながらも立ち向かう勇気ではない。
尾頭さんや。

第3話。
ゆかりさんとイケメン王子をメンバーに加えて、キラパティOPEN!
しかしまあ、現実、
素人の中学生・高校生だけで始めたお店が、プロの店に敵うはずもなく……

201751.jpg (←クリックで大きく)

201752.jpg (←クリックで大きく)

今回のお話は、ひまりがメイン。
そして、彼女を導く気まぐれな猫の女帝。

201753.jpg (←クリックで大きく)

201754.jpg (←クリックで大きく)

キラパティならではのスペシャリテ……
なんだろう? イケメン王子との握手券付きプリンとか?

気になる結末は、今月のなかよしで確認。