ここは、プリキュア専門の百合小説書き・猫塚鶉の避難先です。
サイトへのご案内
「猫塚鶉屋」にて活動中
活動内容は、プリキュアの百合小説(18禁含む)
また、日記にプリキュアの感想らしきナニカベツノモノを書いています。
なかよしの感想に入る前に、先月8月9日に発売になったスタプリ1巻の感想をちょろっと……。
といっても、本編の感想(?)は毎回書いてるので、
描きおろし漫画の感想になりますが。

ちなみに、今回の特装版についてるのはイラストカードブック。
カッパードさんのイラストカードは無い。なぜだ。

描きおろし漫画は、愛の星の物語。
このお話の中では、同性愛も「愛のカタチのひとつ」ということで、
さらっと許容的に描かれてるんですよね。
まあ、描いてるのが上北先生なので、今さら……と流してしまいそうになりますが、
一応、この単行本自体が同人的な扱いではなく『公式の出版物』であり、
プロデューサーさんの監修も入ってるため、
このお話における同性愛の扱いは、プリキュア製作サイドのスタンスと言えるワケで。

まず、同性愛カップルを目にしたまどか&えれなが、
ごく普通に彼ら彼女らを肯定的な視線で捉えているコト。
まどかたちは、同性愛カップルも異性愛カップルも平等に、
「幸せに愛し合ってる者同士」という大きなくくりで捉えているんですよね。

今回のお話は、同性愛に焦点を当てているのではありませんが、
誰かを好きになるという気持ちに対して、性別を理由に「禁断の恋」とか変なレッテルを貼るんじゃなくて、
それが自然なもの、当たり前のものとして受けとめられているという光景を描いたコト。
これをプリキュアという作品内で行ったコト。
注目したいのは、この上記の二点です。

今までの作品にも、
プリアラの琴爪ゆかり&剣城あきらという、ほぼ公式認定済みの同性愛カップルは存在しましたが、
今回のお話では、彼女たちのように「特別」な二人でなくとも、
「誰でも」という所まで幅を広げて、
全ての人たちが、自分の本当の気持ちに従って恋愛をする ――― それって当たり前の事ですよ、となっています。

多様性というテーマを持つスタプリだからこそ、こういう話を作れたという面もあるとは思うのですが、
それ以上に、人それぞれの幸せのカタチを尊重できる方々によって、
プリキュアという作品は作られていると思うのですよ。


さて、今回登場したリーベ王。
高貴な身なりで、善人そうな立ち振る舞い……、
こりゃもう「秘密のチャイハロ」の雪江さんやん。期待できますぞ!
一目見た瞬間から絶対来るでーっっ!!と思って最後まで読んだけど、
けっきょく本当に良い王様だったワケで……
クッ…、すごく裏切られた気分……。

てゆーか、この星の王様って、
下手に夫婦喧嘩も出来ないんじゃないか? 
軽く言い争いをしただけで震災レベルの被害が訪れそう。
ひかるとララは、リーベ王からの通信のあとで軽く夫婦喧嘩してましたが、
こっちは明るい笑いが訪れました。

あと、最後になりますが、
モブとはいえ、この褐色馬姉さんのカップル、非常に良き哉。眼福。

suta01.jpg (←クリックで大きく)

以上、スタプリ1巻の簡単感想でした。


今月号のチャイハロ(↓)

222_tyai.jpg (←クリックで大きく)

来たかなーとか思わせといて、
月人が好きになった相手って、これ絶対、胸の部分に晒し巻いた女子ってパターンやで。
オレはヴァンパイア男子寮の第一話で学習したんだ! もう騙されねーっ!


先月のスタプリ第7話。

201991.jpg (←クリックで大きく)

えれなよ、その甘い海水……混ざっておるぞ。
水を怖がるユニが、つい漏らしてしまったオシッ○が。
近くでユニがやっちゃったのに気付いたがゆえに、「ユニークですね」と笑うまどかさん。

201992.jpg (←クリックで大きく)

地取り捜査は刑事の基本。
ひかるは捜査を続けます。

201993.jpg (←クリックで大きく)

タコがイカを食べとる……。

201994.jpg (←クリックで大きく)

ここ掘れニャンニャン!
目指せ徳川埋蔵金。


●今月号のスタプリ8話

2019101.jpg (←クリックで大きく)

髪降ろしたえれなは、いいなぁ。
かわいい。

2019102.jpg (←クリックで大きく)

出たな、ドッペルゲンガー。



2019103.jpg (←クリックで大きく)

ドッペルゲンガーに説教されてるまどか。

親は子供の将来を想うがゆえに、子供のために進むべき「道」を敷く。
けれど、敷かれたからといって、自分の意志を押し殺してまで、その道を歩くのが正しいとは言えない。
最適解の道も、自らの意志を持たずに歩けば、自分にとっての最適解の道とはなりません。
逆に最適解の道でなくとも、自らの意志で進んで、自分にとっての最適解の道にするコトも出来ます。

2019104.jpg (←クリックで大きく)

この変身の構え……!!
もしかして仮面ライダー!?

プリキュアの世界にも、とうとう仮面ライダーが出現。
これもディケイドのせいなのか……??

上北先生が描くライダーバトルの続きを読みたい人は、
今月のなかよしを買おう! (※ 本当はライダーバトルなんてありませんが、なかよしを買おう)
今月からユニが登場。
「アノクタラサンミャクサンボウダイ」と呪文を唱えて、虹色戦士・キュアコスモに変身だぜ! ヒュー!

201981.jpg (←クリックで大きく)

ユニがどうやって仲間になったのか…、なぜスターカラーペンを集めているのか……などという部分に関しては、
豪快にカットされてしまっていますが、
アニメなら一ヶ月に四話放送できるのに対し、月刊誌では一ヶ月に一話のペースなので、
こまけぇコト気にしちゃいられねーのよ。

201982.jpg (←クリックで大きく)

しっぽ掴むな(笑)

猫系の宇宙人だけあって、ユニと猫の性質は似ているのか。
ダンボールの箱を与えて、彼女の反応を見たい。

201983.jpg (←クリックで大きく)

「今、ここにワシが来なかったか!?  ……バカモーン! そいつがレインボー星人だ!」などと言うインターポールの人に追い回されてトラウマになったのかな?

201984.jpg (←クリックで大きく)

毎回、気になるんだけど、この世界では、地球人が他惑星へ行く時の手続きって、どうなってるんだろう?
ロケットのAIが、宇宙星空連合に対してピピッと申請を済ませてくれてるのかな?

今回の宇宙人は海獣タイプか。アザラシ……? オタリア……?
名前は「unchanged」の略かな。

ちなみにヒゲ生やして生まれたら、自動的に長老になれるシステムっぽい。

201985.jpg (←クリックで大きく)

アンチェン星人は「変化するもの」が大の苦手で、ちょっと見た目が変わっただけでもパニックです。
こいつらに森下suu先生の「わかメン」読ませたら発狂するね。絶対。

つか、怪獣のくせに、海じゃなくて穴の中に逃げるんかい!?

「変わる事」を得手とするレインボー星人のユニと、「不変」の中に生きるアンチェン星人。
今回の話の続きは、如何に……??

とりあえず、
この星にはスターカラーペン無さそうだし、このまま帰っちまっても良くね?と思った人は、


……うん、まあ、とにかく、今月のなかよしを買おう。
ルンちゃん、地球にて学校生活を体験。
AIが何でも教えてくれた今までとは打って変わって、
たくさんの「初めて」に自分から踏み出していかなければなりません。

201971.jpg (←クリックで大きく)

201972.jpg (←クリックで大きく)

二桁の計算が出来ぬ少女、学校一の才媛の座を目指す。
まどかさんの「コイツ百年早えー」と言わんばかりの視線が……。


しかし宇宙は広いもの。
レベルアップの努力を省略して、即、レベルMAXの存在になれる宇宙人もいるのです。

201973.jpg (←クリックで大きく)

レベル1から始めて、コツコツとレベルアップしてきたえれなとまどかは、
自らの努力の積み重ねに疑問を抱いてしまいます。
苦労って、何のためにしてるんだろう……?


悩める少女達を見て一計を案じる遼じい。

201974.jpg(←クリックで大きく)

全くライターを忘れるなんて……。
でも、ソレイユシュートで炎は起こせるからノープロブレムだ。遼じい、そんな木の板なんぞ必要ないのだよ。

キュアソレイユの必殺技が、全ての薪を一瞬で消し炭に変えるところを見たい人は、
今月のなかよしを買って,続きを読むのだ。


……あらかじめ断っておきますと、
たとえば、
始めたばかりの仕事で、右も左も分からぬ新人に「自分で考えろ」と裁量を丸投げするのは好きではありません。
日本人って「苦労の量」が大きければ大きいほど、何かを成し遂げたみたいな錯覚をするところがあるので困る。
でも、それは正しい苦労じゃない。

対して、
今回ひかるたちがRYO-JIのもとで体験する苦労は、「学び」です。
(ひかるたちが「考える」ための道筋を、ちゃんと遼じいは準備してある)
エボリュリュ星人は、努力の過程を省略して「結果」のみを得ていますが、
それは言い換えると、計算式で「=(イコール)」の右側に現れた答えだけを取得しているという事。

「=(イコール)」の左側にある●+●などの計算とは「努力」であり、
「=(イコール)」の右側にある答えが「結果」。
つまり、●+●(努力) = 答え(結果)。

正しい努力は、正しい結果を生みます。すなわち、努力イコール結果。両者は同じものなのです。
(どんなに頑張って努力しても、正しい努力じゃないと、正しい結果は出ない)
もっと言い換えれば、結果の「中身」とは「努力」なワケで、
『中身の価値を知った上での結果』と、『中身の価値を知らぬままでの結果』、
本当にその人の血肉となるのは、どちらなのかという問題。

あと、上北先生がいよいよDIY職人としての道を歩み出しそうです。
今までプリティストアの上北グッズといえばクリアファイルや缶バッジでしたが、
これからはプリキュアのイラストが描かれた高級桐箪笥とかになるのでしょうか?
まず先月の第3話。

ORCA旅団所属のイレギュラー少女・星奈ひかる。
数多くの犠牲と引き換えに、地球の空を覆うアサルトセルの排除に成功した彼女は、
いよいよ宇宙を目指すのですが……。

201951.jpg (←クリックで大きく)

201952.jpg (←クリックで大きく)

ワクワクしてキラやば~?
だったら、こういうデザインにするのはどうかな?

201955.jpg (←クリックで大きく)

ワクワクもんだし~。

201953.jpg (←クリックで大きく)

かくして、
ロケットを、地上全土のコジマ汚染すら厭わぬ超兵器へと改装していくひかるたち。
楽しそうで何より。

201954.jpg (←クリックで大きく)

んん~~~~~~……、
完成したのはいいけど、ちょっとデザインが違うんじゃないかな? ……違うんじゃないかな??


ともあれ、2月1日「プリキュアの日」に連載スタートしたスタプリ、
令和元年初日に発売された今月号より、宇宙編が始まりました。

とゆーわけで、今月の第4話。
ひかるたちが最初にたどり着いた惑星は、デ・ザミ星。
「デ・ザミ」=「des amis」、フランス語ですな。

201961.jpg (←クリックで大きく)

ん…? フランス人たちの様子がおかしい。

201962.jpg (←クリックで大きく)

原因は、ひかるが友好の証に持ってきた可愛いヌイグルミだそうで……。
まあ、フランス人たちのセンスはコレだしな。
地球人とフランス人の「かわいい」に対する価値観は、真逆。
……この星で、トム・シックス監督の「ムカデ人間」を上映したら、アベンジャーズ並みにヒットしそう。

かわいい外見のロケットは地層処分にされるそうです。
くっ…、だからアンサラー的なデザインにしとけと……。

201963.jpg (←クリックで大きく)

てゆーか、人力で運ぶんかい!!
フランス人腕力すげーな!

地球人とフランス人は真逆の価値観。ならば分かり合えないのか?

201964.jpg (←クリックで大きく)

ひかるの武器はイマジネーション = 皆が笑顔で幸せになれるビジョンを思い描く能力。
そのビジョンに向かって突き進む時の彼女は、AIすら超えた答えを導き出すのです。

201965.jpg (←クリックで大きく)

ひかるのイマジネーション・とんち。

今回の彼女は、果たして、どんな答えを導き出すのか?

気になる人は、今月号のなかよしを買って、
女神転生の邪教の館のBGMを脳内再生しながら続きを読もう!
(3.24 : 追記)

☆ミラクルライト

やっぱミラクルライトを振るタイミングでスクリーン両脇下に表示される【くるくるライトシステム】のせいか、
子供たちの振り方にも活気があるという感じ。
妖精たちがスクリーンから「さあ、振ってくれ!」って言葉で呼びかけるよりも、
ああやってクルクル回るライトを表示するほうが、
視覚的に『ここが振るタイミングなんだよ』って分かりやすいと思う。

ただ、ライトで星型をなぞるところでは、急に動きがぎこちなくなってたかな。
(参照:前列席のお子様)
それまで元気にクルクル回してたのだが、どんどん振り方が失速していく……。
ライトの振り方(動き)は単純なほうがいいのだろうか。

あと、青の星でのディグダグ風の脱出シーン、あそこは強いな。
みんな、結構楽しんで振ってる。

☆ストーリー補足

今回の映画、ストーリー的には本当は特に問題ないんですが、
ただ、キーパーソンであるピトンの見せ方が勿体無いというか何というか……。

まず、最初にライトに次々と異変が起きるシーンでは、
目の前の事態から目を逸らし、異変に呑み込まれた仲間を見捨てるカタチで一人だけ脱出。
プリキュアチームと遭遇するも、魔物たちが現れると、
自分の足に掴まっているプリキュアたちに「みんなー、離すピトー!」と叫んで一人だけ逃げようとする。
緑の星でも、プリキュアを見捨てて一人だけロケットで逃げました。
で、
その後、火山の星のシーンで、
プリキュアチームが絶対的に形成不利な状況から逆転するのを目の当たりにするコトで、
ピトンのネガティブな価値観が引っくり返されて、
物語のキーパーソン的な立場へと進むワケですが……、
肝心の、この部分がサラッと流れてしまいがちで、印象に残らない。
注意して観ていないと、
前半のイラッとするピトンの印象を引きずったまま(覆せないまま)、物語後半へと進んでしまうので……。
(※ 印象的に「前半のピトン < 後半のピトン」ではなく、「前半のピトン > 後半のピトン」のまま最後まで進んでしまう)
ここの処理の仕方がもう少し上手ければ、
(主に大きなお友達の)この映画に対する評価も変わっていたんじゃないかと思う。
自分も最初は注意して観てなかったので、正直、ピトンに対して「貴様、表出ろ」的な感じで映画を見終えてました。

☆その他

・ オープニング! 主題歌カットひどすぎだろっ!
・ 冒頭とラストで、えれなが望遠鏡を覗いているシーン。なんというか、腰付きがね。
・ 黄色いポンポンの中にメリケンサック仕込んでそうなキュアエールの殴り方。
・ 映画では初のスタプリチームの戦闘。
 豪快にスターパンチを決めるキュアスター。
 ガンキャノンもしくはガンタンクの砲撃のごとく、電撃をダブル放射するキュアミルキー。
 炎に彩られた派手な蹴りで魔物を一蹴するキュアソレイユ。
 三方同時射撃で、三体の魔物を瞬殺してのけたキュアセレーネ。
―― 普通に強いぞ、こいつら。
・ ショコラ「いくよ」 マカロン「優しくしてね」
 とにかく、あきゆかは安定していました。
 火山の星、えみるが発狂するレベルで暑いのに、あきらとゆかり、あの状況でピッタリくっついてるんだぜ?
 後半クライマックス前の対空砲撃戦では、二人で謎の合体ポーズ。
 ていうか、あとのほうでキュアマカロンが「このポーズきっつ!」って表情で必死で上に向かって撃ってた。
 最後、地球に戻ってきたシーンでは、二人寄り添って星空を見上げてました。
・ 仕上げ液はチキン味。たぶん、仕上げ液の元になる涙を搾り取る施設とかあるんだぜ。映画では公開できなかったけど。
・ ミラクルライト出荷前の最後の仕上げとして、
 スピーカーでライトに「ありがとう」の声を100万回聞かせているという驚愕の事実……!
・ エンディングのダンスは危険なので気をつけて! 
 親御さんは油断してると、お子さんのパンチであご打ち抜かれるぞ!

(3.24 : 追記ここまで)


(締め切りすぎてるのにSSがまだ書きあがってなくて)時間が無いので、さくっといきます(笑)

☆ 子供たちの反応

朝・昼回の2回見てきましたが、けっこういっぱい振り回してましたね。 → ミラクルライト
妖精たちによる要請コールの時もそうでしたが、
ライトを振るタイミングでは、スクリーン両脇にクルクル動くミラクルライトが表示されるので、
それに合わせて子供たちもライトを振ってました。
……この仕掛けは、子供たちに分かりやすくて良かったと思う。
そうだよ、せっかく劇場に来てライト貰ったんだから、いっぱい振らなきゃもったいない。

青の星から、ディグダグっぽく雲を掘って脱出する際のエンカウント時には、
子供たち、すっごい一生懸命振ってた気がする。

笑うシーンでの反応は、まあ大体いつも通りかな? この辺、劇場に来た子供たちのテンション(?)にもよるので。
スタプリ組の変身シーンでは、一緒に歌ってる子もいた。
ヤンゴが正体を現すシーンで「怖い怖い」言ってる子もいたっけ。


☆ 映画の感想

子供たちは楽しく観ていたようだけど、
なんか今回の映画、スクリーンから予算的なモノの苦しさが匂ってきたような気がする。


今回の大きな舞台となるのは、ミラクルライトの製造を行う『ミラクル惑星』。
その製造ラインで、ピトンという見習いが手抜き作業を行ったため、異常事態発生。
謎の汚染に仲間が次々と巻き込まれていく中、ピトンは仲間を顧みることなく、自分だけ脱出します。おい、脚本……。

いやー、映画前半は、ピトンに対するヘイトが溜まる溜まる(笑)
こいつ、とにかく「自分のせいじゃない」の一点張りで、他人を見捨てることに対しても罪悪感を覚えない。
……で、
特に反省するでもなく、後半、「俺がみんなを救う」的な物語のキーパーソン的な立ち位置になります。
せめて、その前にピトンの心が変化する過程を描いてくれんと、
前半のヘイトが消化できずにガッツリ腹の中に残ったままになっちまうので……。

もっとも、ミラクルライトの事故は、ピトンのいい加減な作業が原因ではなく、
あらかじめヤンゴによって仕組まれていたもの。
ヤンゴの正体は、宇宙大魔王(自称)でした。
しかも、宇宙大魔王(自称)、ダークライトによる応援でダークなチカラがパワーアップ。
『ライトの応援』という、今まではプリキュアのみに許されていた聖域へと足を踏み入れます。

……が、ライトによる応援によるパワーアップは、ライトそのものの性能に拠るものじゃない。
ライトの使い手、すなわち劇場の子供たちが一生懸命振るからこそ奇跡が生まれるのです。

近年の春プリキュアの映画、略して春プリに登場できるプリキュアは、
現行シリーズを含む3シリーズのメンバーだけだったので、
Goプリ、まほプリ、MHのメンバーが出てきた時は驚いた。
最終的には、全プリキュアが登場するわけだが、
……くそっ、
キュアマリンが皆と同じ腕の動きで普通にライト振ってやがる。せっかく映画出たんだから面白いコトやってくれよー。
やっぱり予算が足りてないのか……。


☆ 一条らんこはいたか?

二回目の鑑賞で探してみたけど、今回はいなかったはず。

☆ ルールーの冷却機能

なかよし版のハグプリ8話(←クリック)では普通に夏バテしてましたので、
おそらく、
10話でさあやに修理してもらった時に機能追加が行われたのだと思う。さあや、すごいっしゅ。

☆ ミラクルライトについて

結局、ミラクルライトの秘密って何だったんだぜ?
最初は秘密を公開する予定だったのに、上からの圧力で急遽中止になったとか?
ミラクルライト製造の闇は深いのかもしれない……。

ミラクルライトに関しては、
パンフレットの『ミラクルライト博物館』というページで簡単な特集が組まれてます。