ここは、プリキュア専門の百合小説書き・猫塚鶉の避難先です。
サイトへのご案内
「猫塚鶉屋」にて活動中
活動内容は、プリキュアの百合小説(18禁含む)
また、日記にプリキュアの感想らしきナニカベツノモノを書いています。
今月号から、えみる・ルールーが登場とのコトで期待が高まっています。
はなたちと二人は、どういう経緯で仲間になるのでしょうか? 楽しみ~♪

というわけで、さっそく1ページ目(扉絵)を拝見。

『プリキュアの仲間が ふえたよ!!』

――― 既に仲間になってました。
……うむ、
ジョジョ第5部アニメ化にあわせて、上北先生が【 キング・クリムゾン 】のスタンド能力を発動させたようだ。



何事も無かったように、2ページ目からは今回のお話が展開されます。
ハリーの店で催される予定の七夕イベント、そして、えみるのミニライブ。

201881.jpg (←クリックで大きく)

新人の二人は、アンドロイド&小学生という異色の取り合わせです。

201882.jpg (←クリックで大きく)

はぐたんも飾り付けの短冊を書きます。
右上から、花・星・天使(羽の生えた人型)……かな?
文字(?)のほうは読めませんが、「海賊王に俺はなる!」みたいなことが書いてあるんだと思います。

201883.jpg (←クリックで大きく)

さあや、このままルールーの首をカポッと外して持って帰りそう……。
てゆーか動く仕組みよりも、
まず肌のやわらかさや、色んな部分の揉み心地等について詳しく調べるんだ薬師寺調査員!!

201886.jpg (←クリックで大きく)

えみる十八番のハイパー杞憂モード。
ネガティブなウェーブを全身の毛穴から発散中です。

201884.jpg (←クリックで大きく)

二人の表情の温度差や、身長差、……その身長差によって生じる目線の高さの違い、
言葉ではうまく説明できませんけど萌えますわぁぁ☆☆


てなかんじで始まりましたHUGっとプリキュア新人夫婦編。
はたして七夕イベントはどーなるの?と心配になってきた人は、
なかよしを買うために本屋に行ったら、うっかり本の棚に肩をぶつけてしまい、
それがきっかけで棚が次々とドミノ倒しになって大事故になってしまうのでは……という恐怖に怯えながら、
今月のなかよしを買いに行こう! れっつら本屋!

201885.jpg

テ…、テキサス電動ソー上北……。

冗談はさておき、
こちらのリンク先(↓)を見ていただければ分かりますが
http://www.katasumi-diy.com/entry/2017/04/12/200000
扱う上では危険も生じます。

一応、(↓)初心者向けに丁寧に説明してくださっているページもあります。
http://www.diy-tool.com/wp/recipe/use/circularsaw/
大事なのは、
・作業中の立ち位置(万一に備えて、刃の延長上から体を逃がしておくこと)
・作業前の周囲確認(不用意に近づいてくる人はいないか、作業に気付いていない人はいないか。もしいたら、一声かけて安全な位置まで退避してもらう)
・作業終了後の鋸刃の停止確認(鋸刃の回転が完全に止まったのを確認してから、次の動きに入る
・巻き込まれ事故注意(軍手、髪の毛、肩がけタオル、袖口)
……等、まず第一に安全に配慮するコトです。

ちなみに受けなくても法的には問題ありませんが、
携帯用丸のこ盤を含む振動工具に関しては、講習(安全衛生教育)なんてものもあります。
前回からの続き。

前回、3人がペットショップで働いている様子をこっそりと覗きにいったハリハム・ハリーが、
ハムスターを買いに来たお客に誤って購入されてしまって行方不明なため、
しばらく、はぐたんを野乃家でお世話するコトになりました。

201871.jpg (←クリックで大きく)

赤ちゃんがよろこびそうなグッズ……? 胎教に良いクラシックのCDかな?
確かに、それはお腹の中にいる赤ちゃんがよろこびそうなグッズではあるが、
まだ早いな。はなが16歳になるまで待たねば。

201872.jpg (←クリックで大きく)

最大パワーがでるよ!って……(笑)
でも、この普通の女の子からちょっぴりズレた感じが、さあやの魅力でもあります。

201873.jpg (←クリックで大きく)

超能力に目覚めるはぐたん。
シフォン、アイちゃんに続き、この子もミディ=クロリアンの値が異常に高そうです。マーク・ハミルもびっくり。
……フォースと共にあらんことを。
てゆーか、さあやの回避ポーズ(笑)

201874.jpg (←クリックで大きく)

自らの『意思』で、人生にちっちゃな一歩を。
はぐたんの前進を、3人のママが支えます。

冨樫義博先生に代わって、『HUNTER×HUNTER』の続きを描き始めたはぐたん。
クラピカたちは、無事に暗黒大陸へとたどり着けるのか?
そして、行方不明のハリーはどうなったのか?
……気になる人は、週刊少年ジャンプではなく、今月のなかよしを買ってみよう!
いよいよ今月号から、クライアス社との全面対決に向けて動き出します。
相手は『会社』という組織、そして『会社』とは働く場所。
敵を知り己を知れば百戦危うからず。
働く、とは? ――― それを知るために、プリキュアたちは職業体験という名の修行を行います。

201861.jpg (←クリックで大きく)

イメージだけで『楽しそうっ』と思ってしまう野乃はな。
でも、【命】を扱う職業なので、華やかなイメージの裏側(バックヤード)の仕事は結構大変。

201862.jpg (←クリックで大きく)

ペットは【命】を持った動物です。
……が、商品として扱われている以上は、売れなければならない。
動物とモノ(物)との違いは、後者は売れ残ってもスペースを占めるだけなのに対して、
前者は、飼育スペースに加え、餌代・世話の手間等で、店側の利益を削っていく商品なのです。
なので、店側としては決断するしかない。

まあ、現在社会が抱える、暗い部分の一部です。
この問題は、ペットショップがどうこういうのではなくて、もっと奥底のほう、
『ペットを飼うというコト』に対しての正しい向き合い方について社会全体で考えていかなければいけないので、
長い道のりになってしまうのですが。
(※ 考えるという行為は、0から1を生み出すのではなくて、
今まで学んできた1、2、3、4、5……という知識を『活用(組み合わせる)』して10という正解を導く、といった行為なので、
考える前に、まず学ばなければいけないんだけど、この学ぶのがしんどい上に、
1と2を知っただけで全てを識ったと勘違いしてしまう人も多く ――― 以下略)

とにかく、処分だけは阻止しないといけない。
ハリーの店のレジから現金抜き取ってくる? 
いいえ、それだと、この犬を買うことは出来ても、飼うことは出来ません。
もう、こうなったらアレだ、
人間の手を借りずとも生きていけるよう、強く、たくましく、鍛え上げるしかない。
はなは心を鬼にして、はぎゅ~新陰流を覚えさせます。

201863.jpg (←クリックで大きく)

かくして、このフレンチブルドッグ、ペットショップから脱出したのちは、
『絶・天狼抜刀牙』なる少年ジャンプ技を極めて四人目のプリキュアになる、という謎の噂が、どこからともなく聞こえきます。
……う~ん、幻聴かしら?
とりあえず、
みなさんも今月のなかよしを買ってみませう。
(P.S.)
野乃はなのハグは、まず、(優しさ、愛しさを含む)気持ちで相手を大きく包み込んで、
それから相手を抱きしめて、癒しの効果を与える。
上手く表現できないけど、すごく『お母さん』的なハグとでも言えばいいのだろうか。

(P.P.S.)
フレンチブルドッグとボストンテリアの見分け方 (←クリックすると新しいウィンドウが開きます)
うーむ、
こうやって説明されないと、おんなじにしか見えない…。
ちなみに、キュアハッピーの声で吠えて砂のスタンドを出すほうがボストンテリア。
『キラキラ☆プリキュアアラモード』第2巻(特装版・通常版)、
『ひみつの赤穂浪士 サンダーボルト帝国の逆襲』第1巻、
共に、3月13日に発売されました。
……プリアラ第2巻に関しては、
今回は上北先生のサインが当たるかもしれない(抽選)ということで、
プリストで購入。
結果は、言うまでもなくハズレでした。めちょっ。


●先月の第2話は、さあや編。

プリキュア三人による初デート。

201841.jpg (←クリックで大きく)

……このあと、三人で相談して、
『クライアス社の壊滅』という功績を、友情の証として残そうというコトになったのですが、
それはまた後日のお話。

201842.jpg (←クリックで大きく)

「あと、可愛い赤ちゃんの作り方とか」(byさあや)

201843.jpg (←クリックで大きく)

さあや一行は『友情の証』なるアイテムをゲットしました。
このアイテムを使って儀式を行えば、女の子同士でも赤ちゃんを作ることは可能。

……ですが、油断大敵。
戦場では一瞬の隙が、取り返しの付かない結果を招いてしまうのだ!
このアイテムを狙っていたのは、人間たちだけではない。
最近は鳥たちの間でもLGBTに対する理解が広がっていて、
牝同士で卵を産むコトに対する偏見がなくなりつつあるのです。

……さてさて、鳥の事情は分かりましたが、さあやも、このアイテムだけは譲れません。
はなとほまれをガッカリさせたくない。
タイムリミットは、二人がコンビニから返ってくるまでの僅かな時間。
はたして、さあやは取り戻すことが出来るのか……?
このお話の続きは、『覇軍と!プリキュア』第一巻で!


●今月号(第3話)は、ほまれ編。

201851.jpg (←クリックで大きく)

201854.jpg (←クリックで大きく)
(↑)ちょっと拡大。見づらいけど。

201852.jpg (←クリックで大きく)

201853.jpg (←クリックで大きく)

……重っ。

重いな、今回のお話は。
てゆーか、はなは美容室行けよ。

結果という『芽』が出なくとも、
育んできた努力は、土の下にある種の中にしっかりと蓄えられている。
硬いはずの殻が、些細なきっかけで割れて芽吹きへと至ることもあるのです。

はたして、ほまれはトリプルアクセルの先 ――― 『竜巻ファイター(Infini-T Force版)』へとたどり着けるのか?
気になる人は、フレンダーと一緒に今月のなかよしで確認みるがいいんだワン!
(3月25日 追記)
すみません、闇の鬼火に関する考察は、ちょっと行き過ぎたっぽい。
映画で彼が語った言葉をそのまま受け取った上で、ラスト、クローバーの心に救われたと見るのが良いか。

まあ、これから成仏しようとする相手が「これからは、ずっと一緒」なんて言ってきたら、
それはすなわち「俺は一人では逝かん! テメェを道連れにしてやる!」って意味なので、
闇の鬼火としては、もう諦めて泣くしかなかっただけなのかもしれない。

(追記・ここまで)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今回、ライトの振り率は結構高かったかな?
カタツムリニアでの脱出シーン、古い路地を魔法のホウキで爆走するシーン他、
クライマックスバトルでも、子供たち、ノリ良く振ってくれてた。
(カタツムリニアで脱出するシーンは、すぐ後ろまでウソバーッカが追いかけてきて、切羽詰った状況であり、
ゆえに子供たちも『はよ何とかせな!』と思ったのかもしれません)

今作は、野乃はなの物語。
始まりから終わりまで、彼女がメインヒロインでした。
だからかな、HUGプリの秋映画の公開が春にスライドしてきて、
そこに、まほプリ、プリアラがくっついたようなイメージ。

約束がテーマの今作ですが、HUGプリの映画でもあるため、
大切なのは、『自分が ・ 何を ・ したいのか?』 。
そして、
それを正面から視るコトが出来て、心が決まったならば、一歩を踏み出す。
マホウ界から、石化した花畑駅へ戻ってきた時のはなの、
「約束を破ったことを、クローバーに謝りたい」がコレ。
踏み出した一歩があるからこそ、次の一歩がある。
約束を守れなかった過去を踏み越えて、約束の未来へ。


……あくまで猫塚の考察ですが、
クローバーを騙して、雪の世界に閉じ込めていた闇の鬼火は、
ずっと長い間、この時のはなとは真逆だったのではないでしょうか。
闇の鬼火にとっての『自分が ・ 何を ・ したいのか?』、
プリキュア3組の合同必殺技【プリキュア黒姥ぁぁフォーメーション】に敗れたあとで、
彼がクローバーの手の上で涙を流したシーンから考えると、
クローバーに、自分という存在を受け入れてもらった上で一緒に居たかった、かな?

しかし、闇の鬼火はネガティブ世界の住人ですから、
その気持ちをクローバーに告げても、拒絶されるのではないか……という怖れるあまり、
本当の気持ちを、嘘で覆い隠すように塗り固めて、正面から視ないようにした。
一歩を踏み出すのではなく、自分の本当の気持ちから目を逸らし続け、
作り出した嘘の安寧の中で、クローバーと一緒に立ち止まり続けるコトを選択した。

クローバーを取り込んでウソバーッカになった彼が、プリキュアという邪魔者を排除して、
さらに大量の闇の心を集めて自身を強化し、嘘だけの世界を作ろうとした理由……。
世界全部が嘘になってしまえば、そこに存在する自分の本当の気持ちも嘘になって、
『クローバーからの拒絶』という可能性も消える……からでしょうか?
本当の気持ちがあるから。それを打ち明けられないから。ゆえに苦しい……って、
まあツライもんです。

クローバーと闇の鬼火、あの世界でずっと二人だったわけですが、
実のところは、『一人ぼっち』と『一人ぼっち』が一緒の場所に居ただけにすぎなくて、
はながクローバーを闇の鬼火の呪縛から解き放って、 
ラストで、クローバーが闇の鬼火に向かい合ったコトで、ようやく『二人』になれた。
お互いがお互いを正面から視るコトが出来る関係という意味での『二人』です。

まあ、猫塚の考察が、どこまで合ってるか(間違ってるか)は解りませんが……。
ラストシーン、雪解けの中から現れた小さなクローバーが印象的でした。
ずっと止まっていた(凍りついていた)二人の時間が動き始めたという比喩でしょうか。

さて、話を元に戻して……と、
クローバーに謝るため、ようやく六角形の建物に到着したものの、
ウソバーッカに追いつかれてしまうピンクチーム。
しかし、はなの「クローバーに謝りたい」という想いを成就させるため、
いちか・みらいが、変身できないにもかかわらず前に出て、はなを行かせようとします。
このシーン、二人の背中に先輩としての頼もしさが宿っていた。
プリアラなんて、まだ終わって二ヶ月も経っていないのに、
はなと比べると、いちかはデッカイです。なんていうのかな、風格がある。
視聴最中は全然気付かなかったけど、
一年という期間で随分と成長してきたのだな、と感じた。
(……まあ、スリーザイズ的なものに関しては全然成長してないが)

今回の映画は、
はなが一歩を踏み出す話でもあり、クローバーが一歩を踏み出す物語でもあった。
一人では踏み出せない一歩も、支えてくれる誰かがいたら踏み出せる。
まほプリ、プリアラ、HUGプリ……、
進むべき方角は違っていても、みんな、心で繋がりながら進んでいけるのです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

映画の脚本は、米村正二さん。
細かい点は容赦なく、力技的に流していきます。
はぐたんがミラクルライト発見 → おっ、ええもん拾ったなー。
はな・いちかたちが、どうやってマホウ界まで行ったのか。なぜ空から降ってきたのか → 一切説明なし。
でも、これのおかげで子供たちを退屈させず、テンポよく話が進みます。
みらいが合流して、カタツムリニアの車内で回想シーンに入るまでは、
楽しいシーンと、ウソバーッカとのバトルがグイグイ押してきて、話が途切れない。
テンポは大切。
子供向けの映画なので、楽しく観てもらうことを最重要視しつつ、
しっかりテーマも伝えるという構え。

倉巣 花畑 木賊 ……今回のモデルとなった場所はどこだろう?
立ったまま寝てしまい、雨が降っても目を覚まさないはなのために、
イケメンチェンジしたハム男が、そっと傘を差してやってるシーン。ここ、好きなシーン。
さあやとほまれが連れ去られたあと、プリアラ組に合流するため、
はなと一緒に長い急坂を登るシーンのハム太郎の動きにも注目してほしい。


●プリキュアが増えるに連れて、賑やかになっていくウソバーッカの体内(笑)

楽しそうです(笑)
特に、ほまれにじゃれつくあおい、ひまり、シエルが。
ゆかりは面白がって、さあやの結界とあきらの結界をくっつけ合わせます。
緊張感、まるで無し。
女の子なんだし、もっと焦りなさいよ! トイレどーすんの!?

リコたちの魔法でも結界は敗れませんでしたが、
内部に物体を出現させることは可能。
いちごメロンパン、食料ゲット。
プリキュア15周年だけに、いちごメロンパンがまさかの大活躍!
プリキュア1(いち)5(ご)周年だけに、いち(1)ご(5)メロンパンが。

ウソバーッカの体内で石化が進行しているみんな以上に、
最大のピンチを迎えていたのが、ペコリン。
ただでさえ少ない頭部の髪の毛が、はぐたんに……!!!!

●クライマックスバトル

岩石を肉体として構成し、巨大化した闇の鬼火。
今回は、炎を使った演出が派手なので、
街の中から、石切り場へと移動します。
巨大敵vsプリキュア連合軍。
オールスターズDX(2009年)並みに派手にバトルします。
キュアアンジュがハートフェザーで攻撃を防いだ隙を突き、
キュアエトワールがハートスターで闇の鬼火の腕を拘束。
駆け抜けるキュアエール、光撃の一閃!
さらにプリアラ組、まほプリ組が最大火力を続けざまにぶつけます。
――― しかし、闇の鬼火が構成した岩石の巨体は砕けません。
ならば、さらなる物理で砕く。
それがプリキュア主義。

力のプリキュアはともかく、
知恵のプリキュアも「オラオラオラオラッッ!!」と、承太郎のごとく拳の高速連打。
元気のプリキュアの鬼アッパー。描かれ方は、完全に少年マンガ。
キュアジェラート、キラキラルで鋭い氷の槍を作り出します。こっそりと殺意高ぇなコイツ。
キュアマカロン・キュアショコラ共同で巨大モーニングスターによる質量攻撃。
魔法の存在を否定して拳で殴りかかっていく、魔法つかいという名のバーサーカーコンビ。

しかし、プリキュア12人の殺意を退けて、
口から手から、ビーム砲撃を繰り出して暴れ続ける闇の鬼火。もはやMAP兵器。

殺意では闇に鬼火を斃せぬと知ったプリキュアたちがたどり着いた答え、
それは今作のテーマでもある『約束』。
絶対に破らない約束を、プリキュアたちが交わします。
これは『HUNTER×HUNTER』で、誓約によって念能力を爆発的に高めるという、アレに近い形です。
つまり、闇の鬼火を斃せるだけの圧倒的なチカラを手にする代償として、
約束を守れなかった時は、死か、もしくはそれと同様の運命が彼女たちを待ち構えています。
めちょっく!

……感想は、ほぼ以上です。
シリーズ単体での映画も楽しいですが、こういうクロスオーバー的な映画でしか味わえない、別シリーズのキャラ同士の掛け合いを盛り込んでいるのが春のプリキュア映画。
今回の映画、『クローバー』がモチーフで、総作監が香川久さん。
……この組み合わせ、偶然でしょうか?

あきらの「よしよし」
「めちょっく」の意味をイケてるでしょ!?と説明するはなに、引き気味のひまり。
はぐたんの可愛さに食らいつく育児経験者(みらい・リコ)と、その子供。
HUGプリ組から先輩扱いされて喜ぶことは。

そしてエンディング、本編で語り尽くせなかったストーリーがてんこ盛り。
冒頭のライト説明以降、本編では出番の無かった長老も、こちらにはしっかりと出ております。
ゆかりの喉の下をこしょこしょされて「はーっ」ってなってる花海ことは。……一応、神様的な存在なんですけどね、この子。

流れている字幕の部分に、ちょくちょく入る妖精ズも楽しかったです。